Recent entries
2014/12/09 (Tue) ちょーひさしぶり
2011/10/19 (Wed) オーイェー!!
2011/10/04 (Tue) ちょー久しぶり
2011/06/21 (Tue) 近年稀にみる・・・

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


面白かった。

シネマティックと呼ばれる部分は映画っぽくて良かった。

ネタの宝庫w

そして、実績が楽とキタ。

同じステージの同じような場所で落下し、リトライを繰り返したのは精神的に参ったけど・・・

ニンジャビジョンの活用を怠らなければ余裕です。

続編でるならやりたいゲーです。
スポンサーサイト

先日実績をコンプしました。

所持していたものの積んだままでしたが、友人のおかげで、やっとこさ崩すことができました。
遊んでみればかなり面白いです。


車をカスタマイズする楽しさを十分感じれます。
首都高というシチュエーションもいいですよ。
グラフィックはちょっと・・・と思ってしまいますが、再現率は高いです。
PGR4と比べてしまうと何とも言えませんがw

クエストモードが本当に面白かったです。
首都高の走り屋チームを倒し、伝説の走り屋を倒すという目標に向かって、自分のマシンをカスタマイズしながら物語を進めていきます。
条件に沿った車でないと走ってくれないような走り屋もいるので、その条件を満たすことにも面白さがあります。
時間帯によって出現したり、~系の車でないと対戦してくれない、~を改造してある車などなど、条件は様々です。
時間帯というのは、夜、深夜、明け方の3つ時間帯があり、それぞれで出現する走り屋チームが変わってきます。

難度も普通にやる分にはそこそこだと思いますが、弱い者イジメとも取れるカモを狩ってお金を収集してしまえば、GTRを買ます。
コレに乗っちゃえば余裕ですね。
エンジン強化、ブレーキ、グリップ、ミッション、ボディ軽量を怠らなければサクサク進めれます。
エアロ改造やインテリア、ステッカーなどで、自分好みの車を完成させるのも楽しいですよ。

走り屋との戦いも相手の戦意を喪失させるという一風変わったスタイルがメイン。
他にも数台との車と同時バトル、連戦、タイムアタックなどがあります。
走りすぎると飽きも来てしまいそうです。
というのも、何だかんだでマップが狭いからです。
自分なりの楽しみ方を見つけれれば十分楽しめる1本です。

中古ですと相当値崩れしていますので、車ゲー好き、ちょっと走ってみたいって感じの人や、実績解除のお供にって人にもオススメですね。

何てったって楽しみながら遊べるゲームはいいもんです。


発想が非常に面白い。
ガンダム+無双は思い付きそうで思い付かない。
無双シリーズに三國、戦国に更なる新シリーズを作った。

モード
史実に合わせたストーリーモード
オリジナルストーリーモード
1VS1
がメイン。

史実に合わせたストーリーは少ない。
勿体無い。
使える機体に使い回しが目立つ。
キュベレイが3カラー(ハマーン、プル、プルツー)
ガンダムmk-Ⅱが2カラー(カミーユ、ジェリド、エマ)

攻撃アクションも物足りない。
機体に対してのチャージ攻撃が3つかない。
正直攻撃に飽きる。
そのうえ、使い勝手の良い技も限られるので更に攻撃のマンネリを促進させる。
SP攻撃(無双技)は3段階あるので、こちらで少し遊びを見つけると楽しめるかも。

しかし、機体の特徴は活かしている。
百式なら格闘面の機動性、ウイングゼロなら圧倒的破壊力、ゴッドなら近接戦闘。
もちろん、各機体の武器・技も再現されていて、最初のうちは新鮮さたっぷり。
地味にシャアザクが強かったり、百式はクセのある機体だったのが、SP攻撃でメガ・バズーカ・ランチャーが使えるようになるとウイングゼロ並みの爽快感がある。

オリジナルストーリーは3勢力に別れていて、それぞれの視点から大筋を辿る感じ。
でも、結局は同じことの繰り返しに近いので作業感を感じます。

機体・キャラのカスタマイズ機能もあり、パーツを着けることで、射撃の威力を向上させたり、近接戦闘の能力、防御のアップなどが可能です。キャラにはスキルがあり、装備させることで攻撃範囲が広がったり、ビーム攻撃が敵を貫通するようになるなど多彩です。

ちょっとしたコレクションギャラリーもあり、MSや戦艦を鑑賞することもできます。
結構、よく出来てます。


総じて、評価は普通。(5段階評価)
発想:5グラフィック:4ゲーム性:2爽快感:4長期間遊び:1
とにかく、発想で評価。
グラフィック悪くないです。
ゲーム性は斬新さ特になし。
爽快感は意外にあります。長期間遊びにもかかってきますが、飽きるまでは結構楽しんで遊べます。
同じことの繰り返しで、嫌気がさすとやる気が激減。
360であれば実績をモチベーションに頑張ってみるのも手。
実績自体は難しいことはなく、作業です。


次世代ハードで発売されたのに、PS2で再び劣化させたものを販売する…
PS3目玉タイトルのはずが、予想外に売れず、XBOX360で出しても微妙…
じゃ、残すはPS2・・・という事でしょうか。
続編を考えているのであれば、是非、PS3かXBOX360で発売してもらいたいです。
SEEDやXシリーズの登場、ウイング、Gガンの他機体、逆シャア、F91、Vガンこの辺りが来るとアツイですね。
フィン・ファンネルはキュベレイの下地もありますから、無理ではなさそう。

とりあえず、サザビーとデスサイズ使いたいです。ヘビーアームズの弾幕張りまくりもやってみたいなぁ。
現実なれば万歳です。

XBOX360
地球防衛軍3
レッスルキングダム
ブルードラゴン
X-Men:TheOfficialGame
Ninety-Nine Nights

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア

PS2

PSP

cod4.jpg

評価
ストーリー:★★★☆☆
グラフィック:★★★★★
オンライン:★★★★★
実績:★★★★☆

総評:★★★★★

日本では、当初PS3版のみの発売予定でした。
ACTIVISIONはアジア版の価格も大きく上げてきました。
が、無事発売したことを喜びたいですね。

さて、日本版が発売されると判明してからも、アジア版が売れるという状況が物語っているよう、非常に完成度の高いFPSとなっていました。
もちろん、CoDシリーズの正当進化、いわば、目に付く変更点はほとんど無く、今までの感覚のままでプレイできます。
何かしら新しいシステムを~とばかりは限らないことを証明してくれたと思う。
個人的にはダッシュが出来るようになったことは革新的!!


ストーリー
今までは過去の戦争に赴いていたストーリーも完全にフィクションとなり、現代にいかにも起こりそうなストーリーはなかなかに面白かったです。
所々で話が飛んだりして、理解に苦しむところもありますが、逆にこうなるんだろうなぁ~なんて推測もついてしまったりと、何とも言えない感じですが、決して悪くはありません。
2人で潜入するストーリーが一部にありますが、ここは面白かった。
難度ベテランは相変わらずのしんどさでしたw
こちらは実績の方で触れましょう。

グラフィック
かなりきれいです。
ここまで来るとこれからの作品すべてに期待してしまいそうです。
オンラインで敵プレイヤーにカモフラージュしキルされた時は、本当に気付かなかった自分にこれは仕方ないと言い聞かせました。(キルカメラという相手が自分をどのように倒したのかが見れるシステムがある)
とにかく、自然がきれいです。
グラフィックだけでも見る価値アリですよ。

オンライン
かなり面白い。
メタルギアソリッドオンラインを思い出した。

階級システムがイイ味出してます。経験値を積むことで昇級します。
オンラインには実績がありません。代わりにチャレンジがあります。
チャレンジには、色々と用意されており、指定された武器で○キルせよ、伏せ撃ちで○キルせよ、多種多様のゲームモードがありそれらの中で勝利を収めよ、などやり込み要素があります。
達成すると武器にカラーバリエーションが増えたり、武器に付加できるスコープ等が増えたり、経験値を得ることができます。
また、昇級すると新たなチャレンジや新武器がアンロックされていきます。
更に、面白さをあげているのが、パークと言うスキルのようなものを装備できることです。
例えば、弾丸の威力を上げるスキル、体力向上、リロードが素早くなる、敵レーダーに探知されない、走行距離を延ばす、相手チームの会話を盗聴できる、死亡際に手榴弾を落としたり、死に際にピストルで応戦するなど、たくさんのスキルを3つ装備できます。
ここに、個性が表れたり、王道な組み合わせであったりと楽しいです。

例:機関銃系やショットガンなどリロードが遅いものには、リロードが早くなるスキル。
例:スナイパーには狙撃時の「息を止める」の時間を長くするスキル。併用して、敵レーダーに探知されないを使うとか。
例:ウージーのように威力が弱い武器には、弾丸の威力を上げるスキル。
など、工夫して組み合わせれば遊びの幅が広がりますね。

チャレンジではなく、実績があっても良かった。

実績
内容、ボリューム的にまぁまぁかなと。
1000をさっさと取りたいって人にはオススメ。
他にも実績解除狙ってる~なんてソフトがある時には、1000取っちゃうとこのゲームからは離れていしまうかも…
やっぱり、ベガスやギアーズほど道のりが遠過ぎる実績は嫌だが、あれの様な感じで何かしらの実績があった方が良かったのではと思うが…
ストーリークリアとベテランクリアと多少のやりこみで全解除なのでそんなもんか~と思うけど、相変わらずベテランはしんどい。
けれども、諦める程でもない。
個人的にマゾ過ぎると言うCoD3は未プレイだが、CoD2の方がこれよりも難しかったと思う。


個人的には太鼓判を押してオススメできる。
フレンドに不足してない方なら、じっくり楽しめると思う。
ベテラン攻略等に関して質問ありましたら気軽にどうぞ♪



ストーリーに関して言えば、まぁ良かったかなって程度。
でも、『幻想的』な感じは随所に見れた。
シナリオしかり、世界観しかり。

ショパンの『夢』が舞台で、ショパンの夢の中での葛藤を、ストーリーを追っていきながら、段階を経て見せていくのが良い。
強引にこじつけた場面もあるように思えるものの許してしまえる何かを自分は感じた。
ポルカは14歳という設定ですが、やたら賢すぎる(笑
これはもっと年齢を上げれば解決されることですが、違和感が絶えませんでした。
他のキャラも個性豊か。
また、全てのキャラが素敵な言葉を伝えてくれます。何だか言いすぎだろ?って、思ってしまうことを平然と言われると現実の自分とは何だろ?周りに流され過ぎなのか?とか思ってしまったりしまわなかったり・・・

ファルセット『創るは悠久壊すは刹那 さしずめ人間は破壊王ね』
ショパン『現実を現実と認識しながら生きている人間なんているのだろうか』
誰か(^^;)『どんなことでも 内側にいると気づかないものだ』
クレッシェンド『知識を持った子供の喧嘩は恥ずかしいよ』

こんな感じですかね。
これを書いたところでどうなんでしょう?
でも、素敵な言葉は偽善者の証みたいな現実を生きてる自分としては心洗われる物があるというか、ゲームをやってるんだなと感じました。


ゲームのシステムにおいては結構満足してます。
戦闘シーンもなかなかかっこいい。ストーリーの進行でパーティクラスと呼ばれる戦闘レベルが上がります(変更可)、コンボによりエコーとよばれる(FF2のチェインみたいなもの)をためて必殺技のダメージ量を増やしたり、必殺技をパーティーでコンボさせたり、戦闘中に持ち運べるアイテム数が増えます。唯一のマイナスポイントは攻撃力を得る代わりに、攻撃ターンの時間が減ることですが、さして痛手ではありません。
コンボツヨー(;゚д゚)ですから。

町並みもなかなかではありますが、どれも規模は小さいです。
2大国(バロックとフォルテ)あると思われますが、バロックは結構広いです。フォルテに至っては、城下町と牢屋しか入れません(;゚д゚)
でも、違和感を感じないままストーリーを進めさせるので巧いなと思っちゃった自分がいます。
バトルフィールドも狭いですね。非常に。
また、世界を歩き回って探索するなんてことも無く、街⇒ダンジョン⇒街⇒ダンジョン~~な流れままいき、ブルードラゴンやFFやテイルズの様に、飛行船に乗って世界を見て回ろうなんてのは全くありません。
また、RPGには必須の世界地図すらありません。
だからこその新感覚RPGなのかもしれませんげど(笑
逆に、私は世界地図を見てみたかった。
すごくもったいないことをしてるなと思う。

大体、その気になれば、1日でもクリアできるんじゃないかと思えちゃうほど短いです。
やり込み要素も2周目をプレイさせることで賄ってるだけで、隠しダンジョン等も少ないです。(1つ
これはどうかと思う。
良い物が・・・になるには十分過ぎるものが揃い踏み!!みたいなヽ(´ー`)ノ

やはり、中古が相当お店に並んでましたよ。
でも、中古が並ぶことはそれほど悪くは無いと思う。
消費者にとってはね。
まず、中古が沢山あるということは、それ相応の生産数と購入者の数があってこその状態。これは初期段階での周囲の期待値によって変動するので、期待されてたソフトの中古が出回るのが早いのは当然ですよね。
何が言いたいのか。
興味はある。中古が沢山。値崩れする。
次がポイント。
そんなに面白くないんだ~って思考はナンセンスだという事。
面白いから、絶対、手元においておきたいってソフトどれくらいありますか?
もちろん、その方が良いでしょう。
では、そこそこ期待してた。やってみた。普通に楽しかった。良かった。でも、手元に置いておくには・・・という人ならどうでしょう。

感じ方は人それぞれですが、中古多いから面白くないっていう思い込みは、悲しい見方だと思います。

後半何が何だかわからなくなりましたが、サクサク進むRPGです。
ちょっと、ゲームでいい人を味わって、現実でいい人になってみたいなって人にはメチャおススメ。
ローグギャラクシーはクソゲーと言われてもひたすらやってた私には似た感じを受けるゲームです。(これ言ったら売れないだろうなw
実績解除が趣味になってる方にもおススメ。こちらもサクサクできますよ。楽しんで出来ますから!!

ちなみに、私は実績のためもあり、3周しました。
それでも、それほど苦ではありませんでした。
まぁ、ひとそれぞれですからねぇ・・・

いや~久しぶりのバカ買いです。

ファイトナイトラウンド3
ゴーストリコンアドバンスウォーファイター
あつまれピニャータ
フュージョンフレンジー2
スプリンターセル 2重スパイ


って、あれ~いまだ無起動積みゲーが消化できてないのにこの買いっぷり。
俺、バカじゃん。
クリアしたら買えよ!

でも、リッジ6とライオットアクトが進んでます。
コレが片付けば、他のゲームにも手を出せそうです。
とりあえず、次はバレットウィッチが濃厚。
もしくは、フレンジーか?

ギアーズは諦めました(^^;)

01.jpg


1、2、タクティクスを経て、晴れて?フルプライス化されたのが3です。
今後も続いていくだろうと思われるシリーズです。

地球防衛軍とはその名の通り地球を防衛するシューティングゲームです。(TPS)
迫り来る巨大生物(昆虫?)と戦います。
蟻、蜘蛛、UFO、ゴジラっぽいいかにも怪獣と言えるような奴、等色々と出てきます。

このゲームの売りはと言ったら、安くてがっつり遊べるところにあると思っていましたが、今作でフルプライス化され、いかに作り込まれてるかが評価の対象になったと思います。
このシリーズの処理落ちは有名ですが、3でもあるとは思ってもいませんでした・・・
次世代機XBOX360でまで、処理落ちを決行してくるあたり、D3パブリッシャー(製作元)の腕前、狙い等々もろもろ疑ってしまいます。
このあたりの判断が難しいところで、処理落ちあってこその地防(地球防衛軍の略。EDFとも言う。Earth Defense Forceより。)

また、独特の熱いノリにやられて購入してしまう人も少なくない。私の知人みたいに(笑
特に今作は味方部隊が一緒に戦闘してくれて、熱いコメントをしてくれるんですね~
2まではガチガチ戦うだけで、テンションはそれほど上がりませんでしたが、今回は全然ノリが違います。


戦闘について軽く説明します。
ミッション→アーマー&武器収集→クリア→次にのミッションor次の難易度へ
といった流れが地球防衛軍です。
ミッションごとにやるべき事が決められており、それを達成すればOK。
武器は150を超えるほど用意されており、ミッション時には2つまでしか武器を持っていけません。
これが、クリア過程を自分で練らなくてはいけないという、「考えてゲームをする」といった楽しみを提供してくれます。
だからこそ、ミッション中に巨大生物などを倒した際、落とされる武器を回収することが必要になってくるのです。
これはアーマーにも言える事です。というのも、難易度を上げて同じミッションをやってみると、蟻1匹の強さが格段に上がっており、HPが低いままでは太刀打ちできなくなってしまいます。
だから、何度も同じミッションをプレイし、HPを上げ、レアな武器をゲットするという作業プレイもしなければなりませんが、この作業プレイも地防の象徴であることは間違いありません。
遊び方も自由ですね。
「この武器だけでクリア!」といった縛りプレイ。
「HP3000以下でクリア!」とか色々と自分で考えてプレイできるシステムであるのも飽きのこない作りであると言えます。

しかし、根本的に繰り返しの必要なゲームなのである程度の根気が必要不可欠です。
難易度もEasy Normal Hard Hardest Infernoとあります。
低難易度だけでも!という楽しみ方をするには、もったいない1本です。
どうせやるなら、コンプリートするくらいの気持ちでやらないと元取れないゲームです。
購入検討される方には、肝に銘じるではないですけれども、それを覚えておいてもらいたいですね。

とは言え、こういった熱い体験をしたいと純粋に思っている方であれば、例え低難易度だけであろうと、強くオススメします。
低難易度では簡単過ぎて、更なる過激さを誰もが求めるのではないでしょうか・・・
そうして、ハマっていくのです。

初心者にも易しく、過去作からのユーザーにもオススメできる1本です。


全体評価:★★★★★(★5はやり過ぎな感じもするが、4に近い5で。)
グラフィック:★★★★☆(2より10倍の進化)
やりこみ:★★★★★(最低同じミッションを5回やら無くてはならないが難易度によって攻め方が変わる)
快感、達成感:★★★★★(レア武器出現、Infernoクリアの感動は忘れ難い)
ゲーム性:★★★★☆(今作は特殊武器、部隊とアイディアが光った)


ちなみに私のクリア結果です↓
睡眠や放置で100時間越えしてますが、実際70~80時間ほどだと思います。
武器が出ずに、5日くらい武器集めに費やしました。
皆さんも今作は根気次第で実績1000取れるので頑張りましょう~
EDF.jpg




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ゲームを卒業なんて無理ッ!!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。