Recent entries
2014/12/09 (Tue) ちょーひさしぶり
2011/10/19 (Wed) オーイェー!!
2011/10/04 (Tue) ちょー久しぶり
2011/06/21 (Tue) 近年稀にみる・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ストーリーに関して言えば、まぁ良かったかなって程度。
でも、『幻想的』な感じは随所に見れた。
シナリオしかり、世界観しかり。

ショパンの『夢』が舞台で、ショパンの夢の中での葛藤を、ストーリーを追っていきながら、段階を経て見せていくのが良い。
強引にこじつけた場面もあるように思えるものの許してしまえる何かを自分は感じた。
ポルカは14歳という設定ですが、やたら賢すぎる(笑
これはもっと年齢を上げれば解決されることですが、違和感が絶えませんでした。
他のキャラも個性豊か。
また、全てのキャラが素敵な言葉を伝えてくれます。何だか言いすぎだろ?って、思ってしまうことを平然と言われると現実の自分とは何だろ?周りに流され過ぎなのか?とか思ってしまったりしまわなかったり・・・

ファルセット『創るは悠久壊すは刹那 さしずめ人間は破壊王ね』
ショパン『現実を現実と認識しながら生きている人間なんているのだろうか』
誰か(^^;)『どんなことでも 内側にいると気づかないものだ』
クレッシェンド『知識を持った子供の喧嘩は恥ずかしいよ』

こんな感じですかね。
これを書いたところでどうなんでしょう?
でも、素敵な言葉は偽善者の証みたいな現実を生きてる自分としては心洗われる物があるというか、ゲームをやってるんだなと感じました。


ゲームのシステムにおいては結構満足してます。
戦闘シーンもなかなかかっこいい。ストーリーの進行でパーティクラスと呼ばれる戦闘レベルが上がります(変更可)、コンボによりエコーとよばれる(FF2のチェインみたいなもの)をためて必殺技のダメージ量を増やしたり、必殺技をパーティーでコンボさせたり、戦闘中に持ち運べるアイテム数が増えます。唯一のマイナスポイントは攻撃力を得る代わりに、攻撃ターンの時間が減ることですが、さして痛手ではありません。
コンボツヨー(;゚д゚)ですから。

町並みもなかなかではありますが、どれも規模は小さいです。
2大国(バロックとフォルテ)あると思われますが、バロックは結構広いです。フォルテに至っては、城下町と牢屋しか入れません(;゚д゚)
でも、違和感を感じないままストーリーを進めさせるので巧いなと思っちゃった自分がいます。
バトルフィールドも狭いですね。非常に。
また、世界を歩き回って探索するなんてことも無く、街⇒ダンジョン⇒街⇒ダンジョン~~な流れままいき、ブルードラゴンやFFやテイルズの様に、飛行船に乗って世界を見て回ろうなんてのは全くありません。
また、RPGには必須の世界地図すらありません。
だからこその新感覚RPGなのかもしれませんげど(笑
逆に、私は世界地図を見てみたかった。
すごくもったいないことをしてるなと思う。

大体、その気になれば、1日でもクリアできるんじゃないかと思えちゃうほど短いです。
やり込み要素も2周目をプレイさせることで賄ってるだけで、隠しダンジョン等も少ないです。(1つ
これはどうかと思う。
良い物が・・・になるには十分過ぎるものが揃い踏み!!みたいなヽ(´ー`)ノ

やはり、中古が相当お店に並んでましたよ。
でも、中古が並ぶことはそれほど悪くは無いと思う。
消費者にとってはね。
まず、中古が沢山あるということは、それ相応の生産数と購入者の数があってこその状態。これは初期段階での周囲の期待値によって変動するので、期待されてたソフトの中古が出回るのが早いのは当然ですよね。
何が言いたいのか。
興味はある。中古が沢山。値崩れする。
次がポイント。
そんなに面白くないんだ~って思考はナンセンスだという事。
面白いから、絶対、手元においておきたいってソフトどれくらいありますか?
もちろん、その方が良いでしょう。
では、そこそこ期待してた。やってみた。普通に楽しかった。良かった。でも、手元に置いておくには・・・という人ならどうでしょう。

感じ方は人それぞれですが、中古多いから面白くないっていう思い込みは、悲しい見方だと思います。

後半何が何だかわからなくなりましたが、サクサク進むRPGです。
ちょっと、ゲームでいい人を味わって、現実でいい人になってみたいなって人にはメチャおススメ。
ローグギャラクシーはクソゲーと言われてもひたすらやってた私には似た感じを受けるゲームです。(これ言ったら売れないだろうなw
実績解除が趣味になってる方にもおススメ。こちらもサクサクできますよ。楽しんで出来ますから!!

ちなみに、私は実績のためもあり、3周しました。
それでも、それほど苦ではありませんでした。
まぁ、ひとそれぞれですからねぇ・・・
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ゲームを卒業なんて無理ッ!!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。