Recent entries
2014/12/09 (Tue) ちょーひさしぶり
2011/10/19 (Wed) オーイェー!!
2011/10/04 (Tue) ちょー久しぶり
2011/06/21 (Tue) 近年稀にみる・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


友人からのメールで知りました。
本当に驚きです。
ソースはファミ通.comです。

クライオンの発売中止はショックです。
XBOX360は今年RPGが連続して発売されていますし、来年2月にはスターオーシャン4も予定されいます。
今後控えているRPGがスターオーシャン4のみというのは悲しいことですね。
マスエフェクトも全く続報がないですし・・・
和製RPGが今年度で打ち止めとならないことが、せめてもの望みです。

クライオンはミストウォーカーとキャビアが開発を手掛けていました。
音楽担当が植松さんと言うことで、ゲームミュージックにも期待を寄せていた方も多く居ることでしょう。
今後こういった開発中止は増えるかもしれません。
世界的な不況の影響か、単純にXBOX360単独で発売して利益上げることが難しかったのか・・・

AQインタラクティブは業績に与える影響は軽微としていますが、ミストウォーカーやキャビアの開発側の損益はどの程度のものでしょうか。
次世代機ソフトの制作費は10億以上と言われています。
売上0で開発途中までの制作費。
もちろん、プロジェクト自体進行させていなかった可能性もありますが・・・
DSのブルードラゴンが売行不調だったのも要因かと。
それでいて続編製作とか・・・
国内は携帯ゲーム機市場一色。
何の面白味もない。
安く製作して、売上あげて、そのお金で次世代機にも回してくれるのであれば歓迎ですが・・・
その売上で、また安く製作、売上上々でDS市場が潤うと。
コンシューマーハード好きには国内産ゲームで満足できる日がくるのでしょうかねぇ(´・ω・`)

そもそも、XBOX360自体80万台中売れているかどうかのレベルの販売台数です。
ミリオンとか狙える云々ではなくて、どんなに売れてもミリオン達成は不可能です。
ハーフミリオンすら、所持者の半分以上が買わなくてはダメなのですから。
難しいですね。
だからこそ、開発中止を避け、ユーザーをがっかりさせないよう心がけてもらいたいです。
数少ないタイトルが消えるのは悲しいですから。
開発発表さえ、なんだか意味を感じれなくなってしまうではないですか。

一番売れたブルードラゴンですら、20万本ちょい。
これも、初大作RPG+他にめぼしいソフトが無い時期のプラチナ化といった状況があったからこそ伸びたと私は思っています。
ヴェスペリアが20万本に到達するのは意外と難しい気がしてもしています。
これから、XBOX360で売上を見込みつつ販売台数を伸ばしてくれるソフトが出てきてくれるのか先行き不安です。

今年は良いニュースばかりだったので、こういった残念なニュースに耐性が無いみたいです。
(つд⊂)ゴシゴシ
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 ゲームを卒業なんて無理ッ!!, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。